山で遭難したときの費用は莫大なもの

★★★★★

立ち入り禁止

スポンサードリンク





ここから本文

山での遭難の救助要請を受けた場合、山岳警備隊がある県については県警の山岳警備隊が救助に向かい、地元の消防署や消防団の山岳救助隊、地元の山岳ガイド、航空自衛隊や陸上自衛隊の手を借りることが多い。

しかし警察や消防だけで捜索するには限界があり、一刻も早く捜査や救助を行うため経験豊富な山岳会や民間業者を雇うことが多い。

その場合、日当が一人3万円〜10万円、日当たり100万円前後程要求される

さらに民間のヘリコプターを使用した場合、1時間で50〜60万円程の費用がそこに上乗せされる

山岳保険に加入していれば諸費用(一部)を補償する事ができるのでもしもの時を考えて登山家は必ず入ることが勧められています。

ちなみに海で遭難した場合は無償である。

これは船を所有する際に必ず加入する「漁船保険」や「マリンレジャーボート保険」に予め含まれる海難捜索の条項により補償されるからである。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索