信号機の青が緑である理由

★★★☆☆

信号

スポンサードリンク





ここから本文

「信号機の青って緑色なのになんで青って言うの?」

皆さんもこのような疑問を持たれたことがあると思います。

これは 1930年(昭和5年)信号機が日本に初めて導入された際、マスコミが「緑」を「青」と表現したことによるものである。

また日本語の表現上、「青虫」「青梗菜」のように青と緑の色表現が曖昧な文化傾向であるため、「青信号」表現が社会的に定着した。

第二次大戦までの法令では「緑信号」と記していたが1947年に法令でも「青信号」に変更した。

ちなみに現在の日本の信号機は微妙に青が混じった緑色になっていますがこれは法令の方が実情に合わせて改正され、日本では青色と見えるギリギリ国際的な緑色の色範囲に重なっています。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索