交番を英語にする時、POLICEを使わずそのままKOBANとする理由

★★★☆☆

交番

スポンサードリンク





ここから本文

交番を英語にするとき、警察がポリス(Police)なのでその詰め所のことをポリスボックス(Police Box) と書かれると思いきやそのままKobanと書かれるのはなぜか。

理由は、英語圏のポリスボックスと日本の交番は異なるとの考えからそのまま呼ばれるようになったようである。

また日本の交番のシステムは日本独特で、町の治安維持においても効果的であるため諸外国でも取り入れてきており、国際的にもKobanが定着しつつもあり、国によってはそのままKobanと書いているところも存在する。

ちなみに交番は1994年に正式名称とされ、それまでは派出所が正式名称であった。

余談だが、日本の治安がいい本当の理由は警察官が仕事をしているからではなく日本が島国なのと日本人が優れた人材であるからである。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索