日本での生食用ブドウの生産は約90%、世界では30%未満

★★★☆☆

ブドウ

スポンサードリンク





ここから本文

日本ではブドウは約90%が生で食べるために生産されているが、世界のブドウ生産量の内、生食用とされているのは全体の27%である。

世界的に見ると、ブドウはワイン生産のために作られているのが大半でありその割合は71%を占める。
残りの2%はレーズン生産用である。

ちなみに「ブドウは生産量世界一の果物」と言われているが、生産量世界一だったのは1980年代前半までであり、生産量の急増したバナナやかんきつ類に抜かれている

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索