ベクレルとシーベルトの違いとは

★★★☆☆

要素

スポンサードリンク





ここから本文

東京電力福島県電子力発電所の事故以降、放射能やそれを表す単位ベクレル、シーベルト等をよく聞くようになりましたがそもそも「ベクレル」「シーベルト」がどういう単位でどういうものなのかわからない方もいらっしゃると思いますので説明したいと思います。

放射能とは放射線を発する能力のことですが、その能力を表すのがベクレル、人体が直接受ける放射線量を表すのがシーベルトなのです。

例えをいうと、あなたが食べる時の食べ物の量をベクレルとすると、体につく脂肪の量がシーベルトというとわかりやすいかもしれません。

 

こちらもあわせてどうぞ

放射能はすべての食物に産地関係なく含まれている

 

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索