日本人初のオリンピックメダリストとは

★★☆☆☆

オリンピック

スポンサードリンク





ここから本文

日本がはじめてオリンピックでメダルを獲得した人はテニス選手の熊谷一弥(くまがいいちや)である。

彼は1920年(大正9年)のアントワープ五輪のテニス男子シングルス、ダブルスともに銀メダルを獲得した。

ちなみに彼は、4大大会最高成績シングルス全米ベスト4、全米ランキング自己最高3位の好成績を収めた功績のある選手でもあった。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索