フィギュアスケートの「フィギュア」の意味とは

★★☆☆☆

フィギュアスケート

スポンサードリンク





ここから本文

フィギュアスケートとは言わずと知れたスケートリンクの上で音楽に合わせステップスピンジャンプなどの技を組み合わせ滑走する技術的な競技であり、日本でもオリンピックや世界選手権などでも浅田真央、高橋大輔、羽生結弦、安藤美姫といった日本人選手も注目されているのはご存知だと思います。

このフィギュアスケートのフィギュアとはどういう意味かと疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんがフィギュアとはリンクの上に図形(フィギュア)を描くように滑ることに由来するものである。(立体造形物のフィギュアとは関係ない。

起源は今だ不明でありはっきりとしていないがスケートそのものはヨーロッパの方で旧石器時代から誕生されていた。

当時は専らスキーソリなどと同様に物資を運ぶ手段として用いられたと考えられているがその別途で貴族たちの間で優雅さやマナーを重んじた芸術的なスケートが発展したという説がある。

後に日本にも伝わったがそれにもいろいろな説がある

  • 1877年明治10年)、札幌農学校のアメリカ人教師ウィリアム・ブルックスがスケート用具を日本に持ち込んだという説
  • 1792年(寛政4年)にロシア帝国の軍人アダム・ラクスマンが根室で滑走したという説
  • 1861年にイギリス人トーマス・ブラキストンが持ち込んだという説
  • 1890年頃、仙台在住の外国人がスケートを始めたという説
  • 1891年に新渡戸稲造がアメリカから伝えたという説

しかし本当の起源はわかっていない。

 

余談だが2014年のソチオリンピックでの日本人初となる羽生結弦(はにゅうゆずる)選手の金メダルだが、同時にアジア人初の男子で金メダルの快挙でもあった。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • Sorry. No data so far.

  • カスタム検索