男はつらいよはドラマが原作で寅さんはその最終回で死んでいる

★★☆☆☆

柴又帝釈天

スポンサードリンク





ここから本文

男はつらいよとは1969年から1995年までに全48作が上映された国民的な映画ですが実は原作はテレビドラマである。

このドラマは1968年から1969年にかけてフジテレビが制作し放送したテレビドラマであり、その最終回で寅さんがハブを取りに行こうとして、逆にハブに噛まれ毒が回り死んだという結末で終わっている

ドラマの時点で大ヒットしていたこともあってこれには視聴者から抗議が殺到して、後に映画化につながったのであった。

ちなみに男はつらいよの映画は50作まで製作される予定であったが寅さん役の渥美清(あつみきよし)の死により48作で幕を閉じた。

 

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索