一般的にイカの足は10本でタコの足は8本と言われるが実は違う

★★☆☆☆

タコ

スポンサードリンク





ここから本文

「イカの足は10本」「タコの足は8本」と良く言われたりしますが実は一般的に足と呼ばれる部分は本当は腕であり、イカもタコも足は存在しない

ちなみにイカのそれは外見では8本しか見えませんが残りの2本は、普段は体の中に収納して獲物を捕える時に使う触腕と呼ばれるものである。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • Sorry. No data so far.

  • カスタム検索