ゴキブリの名前は誤植から生まれた

★★☆☆☆

ゴキブリ

スポンサードリンク





ここから本文

ゴキブリは、かつては御器齧り(ゴキカブリ)と呼ばれていた。

事の発端は、岩川友太郎が書いた日本初の生物学用語集の生物學語彙(1884年)では、最初の記述にはゴキカブリとふりがなが振られていたものの、2か所目にはゴキブリと書かれ、一文字抜けていたことによる。

この本は初版のみの発行で間違いを訂正することができず、その後に作られた中等教育動物学教科書(1889年)にもゴキブリと記述されてしまい、以降の教科書や図鑑にも引き継がれてほとんど全ての文献に「ゴキブリ」と書かれ定着していまったのである。

 

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索