ゴッホが生前に売れた絵はたった一枚

★★☆☆☆

絵画2

スポンサードリンク





ここから本文

ゴッホ(フィンセント・ファン・ゴッホ)とは19世紀に「ひまわり」や「夜のカフェテラス」などの名作を生み出したり、日本の浮世絵にも関心を持った画家として知られるが、実は生前に売れた絵はたった1枚だった。

1881年11月から死を迎える1890年7月まで約860点を描いたとされるが売れたのは1888年11月に描かれた「赤い葡萄畑」であり買った人物は友人の姉アンナ・ボックであり、買い取り価格は400フラン(当時1フラン=1000円(?)日本円で40万円程)だそうです。

晩年の頃ではあったが彼を高く評価する評論が現れていたが、回顧展の開催や書簡集や伝記の出版などを通じて急速に知名度が上がったのは彼の死後であり、市場での作品の評価も急騰したのはそれからであったようだ。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索