パブロ・ピカソの本名が長い理由

★★★☆☆

絵画

スポンサードリンク





ここから本文

パブロ・ピカソとはスペイン出身で、フランスで制作活動し成功した芸術家であるが本名が長いことでも有名なのはご存知の方も多いでしょう。

ピカソの本名はパブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・フアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソである。

ではなぜこんなに長くなったかというと、スペインの姓は父親の第一姓(ルイス)を第一姓に、母方の第一姓(ピカソ)を第二姓にして、機械的に個人の姓が決まり、ピカソの出身のマラガでもこうした長い名前が普通であったからであるようだ。

ちなみにピカソ自身も長すぎて正確に覚えていなかったようである。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • Sorry. No data so far.

  • カスタム検索