ゲートボールは当初、高齢者向けに考案されたものではなかった

★★☆☆☆

ゲートボール

スポンサードリンク





ここから本文

ゲートボールとは1947年に鈴木栄治が北海道芽室町においてクロッケーをヒントに考案した5人1組の2チーム対抗で行われる日本発祥のスポーツである。

元々は太平洋戦争後の物資不足で遊び道具のない子供のため、また子供の不良化防止のために作られた遊びだったが、高度経済成長期に高齢者向けスポーツとして爆発的に流行、現在では日本だけでなくアジア各国にも普及している。

1986年には札幌市円山競技場で第1回世界ゲートボール選手権大会が開催され、1990年までは毎年開催されていたがそれ以降は4年に一度の開催となっている。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索