魔女の宅急便が世間に与えてしまった誤解

★★☆☆☆

黒猫

スポンサードリンク





ここから本文

 

魔女の宅急便とは原作者である角野栄子の児童文学であり、スタジオジブリがアニメ映画化として有名な作品であるが、彼女は宅急便がヤマト運輸の登録商標である事を知らずにこの本を刊行してしまっていた

この作品が映画化するに至って、真っ先にヤマト運輸にスポンサーを要請し、正式なスポンサー契約を締結した。

このアニメを「こころを温かくする宅急便です。」のキャッチコピーと共に、そのままヤマト運輸の企業CMにした物も作られている。

なお同映画をもとにした登録商標をスタジオジブリが取得している。

これが有名になってしまったため、宅急便が宅配サービス全般を指す誤解となってしまったのである。

ちなみにヤマト運輸のトレードマークであるクロネコは宅急便の開始以前から存在したため、黒猫のジジとは関係なく単なる偶然であるようだ。

 

  • こちらもあわせてどうぞ

ヤマト運輸(クロネコヤマト)以外の宅配サービスは宅急便ではない

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索