昔のコカ・コーラにはとある薬物が入っていた

★★☆☆☆

コーラ

スポンサードリンク





ここから本文

コカ・コーラザ コカ・コーラ カンパニーが製造販売するコーラ名称であるが、その由来は、コカインであるコカの葉とコーラの実を原材料に使っていたことによる。

そもそもコカ・コーラの発明者であったジョン・ペンバートン自身が患っていたモルヒネ中毒の治療薬として開発したものであった。

19世紀当時、コカインの性質が十分に理解されていなかった頃には、依存性がないと考えられていたがコカインの有害性が明らかになると、1903年コカ・コーラはコカインの使用を中止し、代わりにカフェインが用いられるようになった。

現在、コーラの実もコカ・コーラの主成分ではなく、風味にほとんど影響を与えない微量である。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索