モーツァルトの曲に「俺の尻をなめろ」というタイトルのものがある

★☆☆☆☆

モーツァルト

スポンサードリンク





ここから本文

モーツァルトとは18世紀後半に活躍した作曲家、演奏家で代表作のトルコ行進曲や学校の音楽室の肖像画の人物として有名であるが実は俺の尻をなめろという曲を作曲したことがある

この曲は1782年にウィーンで作られたドイツ語のカノン形式の声楽曲である。

ドイツ語のタイトルはLeck mich im Arschであり日本語に直訳すると俺の尻をなめろという意味になるが、本当に尻を舐めるようにと相手に要求しているわけではない。

これは1500年代以前からドイツに伝わる言い回しで、意味としては消え失せろ引っ込めという感じに近いという。

親しい友人と歌うためやネタで作られたという説があるが本当の経緯ははっきりとしていない。

メロディ

Leck_mich_im_Arsch

歌詞

ドイツ語

Leck mich im Arsch!
Lasst uns froh sein!
Murren ist vergebens!
Knurren, Brummen ist vergebens,
ist das wahre Kreuz des Lebens.
Drum lasst uns froh und fröhlich sein!
Leck mich im Arsch!

日本語訳

俺の尻をなめろ
陽気にいこう
文句をいってもしかたがない
ブツブツ不平を言ってもしかたがない
本当に悩みの種だよ
だから陽気に楽しく行こう
俺の尻をなめろ

ちなみにモーツァルトは他にも次のようなちょっと変わった曲なども作曲している

  • お休み、お前はほんとのお馬鹿さん
  • 男たちはいつもつまみ食いしたがる
  • おお、お前ばかなパイエルよ

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • Sorry. No data so far.

  • カスタム検索