AKB48という薬物が存在する

★☆☆☆☆

薬

スポンサードリンク





ここから本文

AKB48(APINACA, N-(1-アダマンチル)-1-ペンチル-1H-インダゾール-3-カルボキサミド)はカンナビナイト(大麻に含まれる化学物質の総称)の受容体においてアゴニスト(生体内の受容体分子に働いて神経伝達物質やホルモンなどと同様の機能を示す作動)として働く受容体作動薬である。

2012年3月に日本の研究所で脱法ハーブ(合成カンナビノイド)の成分として確認された。

日本では、2012年7月1日に、薬事法に基づく指定薬物に追加され、違法とされた。

ここまで本文

参加しています。クリックお願いします。


スポンサードリンク


全タグ

注目タグ

雑学, 飲食, 違い, 人物, 言葉, 誤解されがちなこと,

その他タグ

アニメ, 漫画, スポーツ, レジャー, 音楽, 芸術, デマ, 事件, 出来事, 学問, 生物, 建造物, 会社, 文化, 施設, 海外, 発明, 裏技, 全ての元凶, 登録商標, マスコミが報道しないこと, どうでもいいこと, 意外と知られていないこと, 知っておいた方がいいこと, 知っておくべきこと, 知って得すること, 知らないといけないこと

ランダム知識


  • RSS

    定期的に発信中!

  • カスタム検索